† 葉月の香水日記 †

香りもの大好きです。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    香りの記憶シリーズ 2 〜 カルバンクライン「ESCAPE」
    0
       ずっとこの香りを探していた、ような気がします。

      中学、高校くらいの頃だったでしょうか、世は90年代始め
      バブルが弾け、盛り上がるだけ盛り上がった何かが、すうーっと消えていった
      あの時代。
      私の実家は公務員ファミリーだったため、とくに不景気の煽りもなく
      (好景気の煽りもなかったため万年冴えない家計だったが)
      毎日を送っておりました。

      学校の帰り、東急ハンズに寄ることもしばしばだったのですが
      そこまでの行き帰りの道ですれ違うお姉さんたちから漂う、ある香りがありました。
      いわゆるザ・香水 みたいなパウダリーフローラルとは似ても似つかない、
      雨上がりのような、スイカのようなメロンのような。でもシャンプーなんかとは明らかに違う
      フローラルのいい香り。

      なんだろうなんだろう、そう思っているうちに10年がたち私も大人になり。
      香りも多様化し、いろいろな香りが巷にあふれ、私も複数の香りに挑戦できるだけの
      精神的・金銭的余裕が生まれたそんな時期。
      ふと思い出しました。
      あの時すれ違ったたくさんのお姉さんから漂ったいい香りに、また出会いたい。

      雨上がり、瓜系、でもフローラル。キーワードはこれだけ。
      ずいぶん調べ、当時一緒に東急ハンズに行った友人にもたずねたり。
      トライ&エラーの中で出会った、サルバトール・ダリ「ラグーナ」なんかも
      いい香りでした。

      結局謎解きはだんだんあてずっぽうになり、「なんとなくカルバンクラインがはやっていた時代だから」
      という理由で、コントラディクションラッシュなんかを買ったときに、おまけでついてたのが
      このエスケープのミニボトル。

      いただいたのが貴重なパルファンだったので、香りがよすぎちゃって(笑)最初は気づかなかったけど
      探していたのは間違いなくこの香りです。1991年発売。

      アプリコットやピーチ、メロンから始まり、ローズ、イランイランがハートノートなのでフローラルさもあり、シダーウッドやムスクが最後を締めくくります。
      オゾンは入ってないけど、トップのメロンなんかがリゾートっぽく香るためどことなくマリンなイメージもあり。オードパルファンとオードトワレ両方あるようなので、きっとトワレだとオゾンに近い香り立ちじゃないかと予想。

      やっと出会えたのは結婚直前だったため、新婚旅行にこの香りをお供させたのは言うまでもありません。逃避行、という名のフレグランスですから。


      この香りと並行して、カルバンクラインではかの有名な「CKone」もありましたよね。
      ユニセックスで、今も完全に定着したフレグランス。(つけている人をみて、ちょっと時代遅れ感を覚えるけど) 香りが多様化するのも嬉しいんだけど、時代を象徴するフレグランスがやっぱりあってほしいし、いい女がつけている香水はこれ!みたいなことを男性が実感できる世の中であってほしいです。


      次回香りの記憶シリーズ 3 は資生堂「We’re」  です。だいぶ前にここで扱ったけど、もう一度。





      | かおり | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
      香りの記憶シリーズ 1 〜松栄堂「堀川」〜
      0
         育児休業中につき、娘と籠もる日々ですので、新しい香りのご紹介がなかなかできず。
        ずっとほったらかしたブログですが、ありがたいことに今もこちらを読んでくださってる方々がいらっしゃるとわかり、ほんなら昔出会った懐かしい香りを紹介しようということで、このタイトルです。
        シリーズです。定期的に更新する予定です。


        仕事で京都に何度か行くようになってから、大好きな場所になりました。
        お寺、街並み、おばんざい、京都のものは全てが愛おしく思えます。


        夫と結婚する前、二人で初めて行ったのも京都でした。
        そこでこの「堀川」という渦状のお香に出会い、買ってもらったように思います。
        香りは特に複雑でも何でもなく、純粋なサンダルウッドなのですが、
        とにかく心を捉えて離さないインパクトのあるお香です。

        やはりファンも多いらしく、ネットでもけっこうヒットします。
        香水だとゲランの「サムサラ」を挙げている方が多いですけど
        個人的にはシャネルの「ココ」が近いような気がします。

        心の深淵を覗くような、それでいて何となく胸騒ぎのするような、
        気軽にアロマ感覚で焚くとビックリしてひっくり返りそうなアイテムですけど、
        今はネット通販でも入手できるようですので、ご興味のある方はぜひ。

        この手の濃厚な香りですが、実は夏のすごーく暑い日の夜に焚くのが私は好きです。
        その方が簡単にトリップできると思う(どこに?)

        次回香りの記憶シリーズ2は、カルバンクラインの「エスケープ」の予定です。
        | かおり | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
        画像はどう?
        0
          テスト!
          | - | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
          1年以上の間に・・・
          0
             1年以上ぶりのご無沙汰でした。

            激変といえば、7月に娘が生まれたこと。
            前回更新した、「優しさとは」で触れた病院での出産となりました。

            ・無償の愛
            はじめてこの世に無償の愛があるということを実感。
            盲信的に娘をかわいがる日々。華の育休をエンジョイ中。

            ・フレグランスフリー
            あんなに好きだったフレグランスから、すこし距離を置いています。
            ごくたまに子供を旦那に預けて出かけたりする時は、まとってみたりしますが。
            強い香りが刺激に感じられてしまい、ちょっと辛いかも。
            代わりにアロマやハーブティーに走っています。

            ・産後太り
            前回更新したときより10キロ近く増量。それでも臨月の時よか6キロは痩せています。
            昔の服、もう着られないのかなぁ・・・

            以前のようなフレグランス中心の更新からは少し離れますが
            またコツコツと更新していければと思っています。
            みなさま、よいお年をお過ごしください☆

                                                   
            | けんこう | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
            やさしさとは
            0
               ニベアのプレミアムボディミルクのCM(吉瀬美智子サンのやつね)を見るたび、ある嬉しい思い出が蘇ります。

              昨年10月の土曜日夕刻、職場で残業していたら尋常ならぬ腹のごろつきを覚え、
              まもなくなんとも言えない痛みが来ました。
              帰れないほど調子が悪くなり、旦那に迎えに来てもらって病院に行っても原因が分からず
              とりあえず入院することに。

              結局過労による急性腸炎だったようです。
              点滴につながれ完全絶食。はじめての入院で心細くもありました。
              数日後やっとシャワーが許可され、病院でお借りしたシャンプーと石鹸で
              垢を落としました。

              その時に看護師さんが、「シャワーのあと体がかさつくと困るから」ということで
              ニベアのボディミルクも貸してくださったのです。

              ケアの評判がいい病院なので、きっとどなたにも貸し出しをするのかもしれませんが、
              その配慮に「やさしさ」を見たように思います。


              ふだんずぼらでボディミルクなどのケアは十分致しませんけど、
              ニベアのCMであのときにいただいた「やさしさ」を思い出します。




              | かおり | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
              乙女に潜む青年のニュアンス
              0
                お買いものしたりカラオケ行ったり、のんびり連休を過ごしたはづきです。 今日はロクシタンピオニーのボディージェルを腕に塗り、おとめちっくに。 でも何故か奥に、マリンのようなアクアのようなトニックのような。ジャニーズ系の青年っぽさを見出だしてしまいます。 ランバンのオキシジン(メンズ)に近い? 私の肌質や体温のせいだと思いますがね。 ジャーにふるりと入ったボディージェル。 甘酸っぱくて花柄のワンピースが似合いそうな雰囲気のそれに、 キリリと出でる青年のニュアンス。 表現者の意図はいかに? 終わりのないフレグランスの迷宮は、やっぱり心地よいものです。
                | かおり | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                のんびり。ただのんびり。
                0
                   後厄はづき、酒も飲まないのにγーGTPの数値が悪く
                  <きっと揚げ物やスイーツの食いすぎ
                  あげくに腎臓も患い
                  <先天性とか言われた

                  なんということでしょう。<使い方違うけど


                  仕事なんかまじどうでもいい、と思ったのは今年が初めて。
                  とにかく健やかな毎日さえ送れれば、何も要らないと思いました。

                  思えばコスメやフレグランス三昧の20代、
                  がんばれば報われると信じ土日も働き続けたあの頃。
                  まさかこの歳で病院通いになるとは想像だにしませんでしたけど。

                  健康あってのフレグランスです。
                  これからは仕事は二の次で、まったりと働こうと思います。
                  仕事に生きがいを求めようとした私に、神様が「ストップ」をかけたのだと思いたい・・・

                  ということでとりあえずのんびりしています。


                  きのうの台風15号、大丈夫でしたか?
                  私は病院に行くのでお仕事お休みもらってたんですが
                  3時すぎには家路をいそぐサラリーマン・OLさんが
                  傘をボッキボキにし、ブラウスをびしょびしょにしブラをスケスケにさせて
                  いらっしゃいました。
                  まさかこんな惨事になるなんて・・・。報道を見て胸を痛めました。


                  フレグランスはグッチオードパルファムをつけてみました。
                  バイオレットの穏やかな甘さとムスクの融合が天才的。
                  いま若い子はクロエのフレグランスばかりつけてるけど
                  アジアンビューティーにはこっちの香りのほうが合うと思われ。

                  もう7〜8年前の香りになるけど、絶対忘れ去られちゃいけない香りだと思います。




                  | けんこう | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                  がんばれ日本! がんばれ葉月!
                  0
                     こうしてみると1年以上のご無沙汰ですね

                    この1年間での成長はというと。

                    1.男女共同参画社会は幻想だ。ということに気づく。

                    ・・・給与は平等だが、飲みニュケーション(勤務時間外に上司にへつらい、飲みに連れて行かれ
                    その場で取るコミュニケーションのこと)に参加しない女性は、戦力外扱いされる。
                    働いてはいるが、社会に参画している自覚が持てなくなる。


                    2.迫る加齢臭との戦いは、食生活に依る部分が大きい。ということに気づく。

                    ・・・父親の枕カバーが臭い、と笑っていたが、実は私も?
                    年齢のせい、とあきらめつつも「油っこい食事が体臭の原因」なる噂も聞き、
                    揚げ物を控える食生活を意識する。


                    3.好きなフレグランスが似合わなくなる年齢が来た。ということに気づく。

                    ・・・東日本大震災では、その日の帰宅が明け方になったこと以外、被害はまぬがれた。
                    ただ、こよなく愛していた、ジバンシイの
                    「エクストラバガンス」だけがフレグランス棚から落ち、
                    ボトルが粉々になるほど撃沈
                    それ以来、若いころに買った軽い香り等思い出して付けてみるも、きっと全然似合っておらず
                    全く気乗りのしないフレグランスユーザーに。



                    さすが後厄、全く後ろ向きな成長まっしぐらなはづきですが。

                    こんな私でもまた好きなフレグランスに出会えました

                    ロクシタン「ピオニー」EDP

                    夏に出す香りにしては重い甘さで、ラストのサンダルウッドがしっかりパウダリー。
                    シャクヤクというよりはスイートローズ寄りですが、それがかえってはづき的にはヒット。
                    シャワージェル、ボディークリーム(ジェルっぽいなじみ)で、ロクシタンワールド満喫です。

                    懇意にしていたフレグランスアドバイザーさんが異動になってからは
                    フレグランスのカウンターにも足を運びませんし、じんましんがひどくなってからは
                    化粧品ブランドのカウンターにも座ることができなくなりました。
                    そんな限りある状況でも、縁あるフレグランスと出会いたいものです。


                    | かおり | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                    ご無沙汰しつつ・・・
                    0
                       
                      最近はこれー!


                      フレグランス柔軟剤、ハミングフレア、フレグランスコレクション!

                      フルーツ系の甘やかな香りが魅力です。
                      (夫も愛用)

                      これのせい?で最近フレグランスをちょっと控えているはづきです。

                      | かおり | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                      キャンディローズ by ロクシタン
                      0
                        クリスマスが近い!

                        ということで、
                        そんな気分を盛り上げる、ロクシタンの冬コフレを買いました。

                        トワレ「キャンディローズ」を中心に、
                        バスパウダー、ボディクリーム、小さいシャワージェル、ハンドクリーム。

                        冬ならではの深い香り立ち、というわけでは全然なくて、
                        むしろ新春でも使えちゃう軽やかでウキウキな香りに好感を持ちました。
                        あえて春に持ち越して使うのもアリでしょう。

                        ローズにしてポップ。うん、可愛いじゃん。

                        ロクシタンの小さなチューブ式のハンドクリームも相当可愛いっす。
                        クリスマスプレゼントにばら撒きたい気分にさせるぜ<多分思うツボ


                        とにかく、肌質が変わってから
                        コフレを買いあさる楽しみがなくなり、
                        バスグッズなどをちまちまと集めるに留まっています。
                        良品が見つかったらご紹介します。

                        最近は無形文化財への投資が多く
                        映画、ミュージカル、芝居通いに余念がありません。
                        (横浜でやってる「CATS」はリピートするほど)
                        そんなお話もしていければ・・・と思います。




                        | かおり | 18:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP